日本代表ニュース

2008年06月10日

長崎集中開催

VS ヴァンクール熊本


立ち上がりから長崎ペース
力量の差は歴然とした戦い

スタメンの顔ぶれは変わらないが
竹村を本来の左サイド
元気をトップ下へ配し
中盤をダイヤモンド型へしたことで
今までになかったリズムが生まれる
FWの近くでキープできる元気のおかげで
サイドからの攻めあがりも有機的に

ただしパスやトラップに細かいミスが多い
相手によっては致命傷になりかねないので
格下の相手であるからこそミスを無くしたい

それでも前半にアリ・洋が得点して
0-2でハーフタイムを迎える
後半に入ると早い時間帯から交代策

この早めの交代策が大当たり
ぐんぐん上がってきた気温もあって
後半途中から熊本の足が止まる

逆に左右のサイドバックに入った
飛鳥と梶原の攻め上がりがよく
ウイングバックに上がった隅田も
水を得た魚のようにゴールへ向かう

久留が3点目、隅田が4点目を上げると
熊本は完全に戦意喪失状態
ラスト5分を切ってからは
大塚・洋・洋と加点して都合7点
洋はハットトリックのおまけつきで大勝


6月8日

VS ホンダロック

前半戦の大きなヤマ場
首位ロックへ勝点で並ぶには
90分勝利の勝点3がノルマ

キックオフ前から小雨が降りだし
連戦の選手たちにとってはいい気候
メンバーは累積警告で出場停止の
竹村の位置に小田を採用
難敵ホンダロックを前にしても
前日と同じシステムで元気が基点となる

前半は一進一退の攻防も
ロックの中心である南を封じ
決定的なチャンスを作らせない

33分に洋が前線で受けてゴール前にアリへ
これをアリがDFを背負いながらもゴールへ
流し込んで貴重な先制点

しかし直後38分にCKを得たロックが
ゴール前ヘッドで押し込んで同点
伝庄の交錯しながらのクリアで
与えたCKだったけど・・・
たぶんあれは最後にロックの選手が触ってる(笑)


40分に洋のポストプレーから落としたボールを
走りこんできた元気が豪快ミドル
結果的にこの短時間での追加点が功を奏す

後半に入ると前日同様に
早め早めの交代策を敢行

サイドにより攻撃的な選手を配したのは
前日の熊本戦と同じだが
そこは流石に百戦錬磨のホンダロック
サイドバックが攻めあがった裏を突いてくる

前半より動きが良くなったロックは
サイドを突きながらFWへボールを渡し
頻繁に長崎ゴールを脅かす

しかしこの攻撃を守護神・近藤が
ことごとくはね返しゴールを守る


ロックの攻撃をくい止めるために
終了直前に飛鳥・隅田が連続イエロー
ロスタイムには隅田がラフプレー
飛鳥がスローインで遅延行為をとられ
相次いで2人が退場するも
最後まで守りきってタイムアップ

続きを読む
posted by KING at 23:25| Comment(1) | TrackBack(0) | V・ファーレン長崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。