日本代表ニュース

2009年07月25日

豪雨

福岡地方は終日雨模様
っていうか・・・
夕方からの激しい豪雨で
交通機関もマヒ状態

JRは止まるわ、道路は冠水するわ
そらもう悲惨な状態

鹿児島本線も赤間〜水城間が
運転見合わせになってしまい
自宅へ帰るにはクルマしかない
タクシー乗り場に30分並んで
走り始めたのはいいけど
幹線道路は休日の首都高並の大渋滞

仕方なく脇道を通ってみれば
あちこちで冠水状態
何年か前の博多駅地下水没で
治水工事してたんじゃなかったっけ?
博多区って低いんだなぁ

博多以外でも中央・城南区エリアでは
避難勧告まででてたし
こんなひどい雨は長崎大水害以来かも


なんとか自宅近くまで着いたけど
これまで以上の冠水でタクシーギブアップ
しかたないので10分ほど水溜りを歩く
道路上の水はひざ下まで
空からは叩きつけるような雨
歩くのが10分だっただけマシだったかな
自宅周辺は浸かってなかったし


こんな時間になってるのに
また雨が激しくなってきた
あ、カミナリ
posted by KING at 01:53| 福岡 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

vsアルテ高崎

本日はアウェイ浜川で
アルテ高崎と対戦
前期のホーム戦での負けと
先週の水島戦での逆転勝利を考えれば
ここは絶対に取っておきたい

今回も現地には行けなかったけど
行ったメンバーからの速報に期待

メンバーは

GK:近藤
DF:飛鳥・久留・加藤・竹村
MF:武男・渉・大塚・山城
FW:神崎・洋

おそらくは洋のワントップ気味?


梶原の怪我が癒えない左SBには
SHの竹村を下げた形で起用
どちらかといえばウイングタイプで
攻撃的な選手の竹村だけど
ボランチ起用されることもあるので
1vs1の守備が決して苦手ではない

足も速くドリブルキープもできるし
前節で武男を下げたスリーバックも
経験しているので飛鳥・竹村が上がっても
守備的な不安はあまりない
逆に飛鳥・大塚と竹村・山城の
超攻撃的サイド攻撃も可能

元来サイド攻撃を基本とする
岩本監督代行なら妥当なチョイス


得点は36分に加藤が2試合連続ゴール
速報で加藤の文字を見た瞬間に
スタジアムでのウルトラによる
“コラ加藤〜exclamation”コールが聞こえる

後半に入って62分には
洋に替わったばかりの宮尾がゴール
怪我でしばらく離脱していた宮尾も
嬉しい復帰ゴールを決める


今日のメンバーは中盤を厚くして
2列目からの飛び出しやドリブル
更に後半交替の武男→元気は
コースが空けばミドル狙い
ラスト10分ぐらいの山城→由紀彦は
2列目に大塚・由紀彦・神崎と並べ
宮尾を含めた4人でワンチャンスを狙う・・・


見てないので何とでも書けるな
違うやろうか?あせあせ(飛び散る汗)


これで水島・高崎と2連勝
次節はホームかきどまりで琉球戦
調子を上げてきた琉球だけど
今の長崎の調子なら問題ないね
posted by KING at 20:57| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | V・ファーレン長崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

リーグ終盤に向けて

前節の三菱水島戦の大逆転劇
飛鳥を山城に交替させたところで
DF陣は変則スリーバックとなった
いや、実質は加藤と久留のツーバック

左SBをつとめた渉をボランチに
左ストッパーに竹村を配置
竹村や加藤が上がったら
バックラインに武男が下がる

確かにリスクは大きいが
展開力がありCB経験もある
武男が最終ラインに入れれば
ボールを奪ってからすぐに
ワイドに使った攻撃が可能になる
もちろん緊急措置としてだけどね


これから試合が進むにつれ
徐々に出場停止の選手もでてくる
現在までに警告3枚の選手が
神崎・竹村・渉・由紀彦
加藤も既に警告2枚もらっている
全員が一試合でもベンチから
離れて欲しくない選手ばかり

特に渉がいない場合の布陣は
九州リーグ時代含めて
全く実戦経験がないといえる
V・ファーレン長崎において
唯一、替えのきかない選手
それが田上渉という選手だろう


後半戦のひとつのカギとなるのは
出場停止の選手を如何に埋めるか
どんなフォーメーションで臨むか
これを考えながら見ていくのも面白い
posted by KING at 13:04| 福岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | V・ファーレン長崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

vs三菱水島

長崎は午後から激しい豪雨
何もかも洗い流すような雨は
ナイトマッチで行われる
諫早でのゲームの混乱を予感
しかし17時ごろになると雨は小康状態
開始直前には晴れ間さえ覗きはじめる


18時のキックオフ時には雨は上がったが
ピッチには水が浮いていて
グラウンダーのパスは通らない状態
このピッチ状態に両チーム戸惑いながら
試行錯誤を繰り返していく

IMG_0168.jpg

長崎のツートップは洋と阿部
体調不良のアリに替わって
起用された阿部は初先発となる
最終的にはこの阿部起用が
ジワジワと効果を発揮する


ゲームが動いたのは前半6分
セットプレイから押し込まれて
水島に先制されてしまう

水含みのピッチの場合は
1vs1の足元での勝負より
セットプレイが普段より有効となるが
ファーストチャンスでそれを
うまく使われてしまった

その後、双方攻めるが
得点には結びつかず前半終了


54分に体力に不安のある由紀彦を下げ
大塚を投入するも得意のドリブル突破が
水浸しのピッチでは封印されてしまう
しかし前半から引き続き阿部が
ギリギリのタイミングで突破を図って
DFの焦りと危機感を募らせる
これが66分に水島DFの一発退場を誘う

ここで長崎は飛鳥→山城、阿部→宮尾
フレッシュな攻撃の枚数を増やしていく
そして残り時間も少なくなった82分
セットプレイのチャンスを加藤が決めて同点
さらに4分後には洋が中央からミドルを
たたきこんでついに逆転成功
ロスタイム4分も余裕の展開で経過させて
ホーム諫早での初勝利を飾った


このゲームのキーポイントはFW
阿部の起用と復調なった洋を使い続けたこと
小柄なFWは屈強なCBにとって捕らえにくい
これが洋と宮尾のコンビだったら
似たタイプのツートップとなり
退場者もでなかっただろう

そして逆転弾をたたきこんだ洋
中距離からの決定力の高い洋は
生粋のシューターである
これまでなかなかシュートまで
持ち込めなかった展開でも
シュートで終わらせてくれる
DFを背負ってでもキープでき
威力のある反転してのシュートは
JFLではトップクラス

現時点ではアリと洋がファーストチョイスだが
阿部や宮尾が個性を発揮してくれれば
中盤と守備陣をあわせても
この層の厚さはリーグ随一


このホーム逆転勝利の勢いは
後半戦の快進撃も期待できる

IMG_0242.jpg


posted by KING at 00:09| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | V・ファーレン長崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

ゆかたデー

11日の三菱水島戦は「ゆかたデー」
ゆかたや甚平、着物などの和装で
スタジアムに行くと下記特典つき

1・メインスタンドで無料で観戦ができる!

2・入場時、ガラポンで豪華賞品があたる!
  サイン入りミニボールやハーフシーズンチケット
  Vスナやドリンク無料券など、ハズレなし!

3・先着20名様は、次のどちらかに参加できます!
  @選手のウォーミングアップ時にボールを手渡し!
  A選手入場時、花道で選手をお出迎え!


ただし「3」は雨天中止
雨天・・明日すごい確率で雨天だよなぁ・・・



それはそれとして
前節は流経大に完敗
明日の水島には勝利が絶対条件
ホーム諫早でのゲームだし
3年ぶりの暑くないナイトマッチ
上位陣に食らいつくためには
落とせない一戦・・・だからね
posted by KING at 01:01| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | V・ファーレン長崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

世界の常識

ホームで勝ってアウェイで分ける
これ世界のサッカーの常識

ホームの慣れた芝と大声援
アウェイでは不慣れな芝とブーイング
これを考えれば自明の理

リーグ戦は半分がホーム戦
ホーム17ゲームで勝点3を取って
アウェイ17ゲームで勝点1を取れば
合計で勝点は68

もちろんどんなリーグでも
ホーム戦全勝は難しいし
アウェイで敗戦も勝利もある
しかしホームで絶対的に強ければ
アウェイで多少負けても
上位には食い込める計算になる


ウチは前期17試合で6勝4分7敗
ホームで2勝2分け4敗
アウェイで4勝2分3敗
実にアウェイ9ゲームで勝点14
これは充分に戦っているとみていい
問題はホーム4敗の勝点8という数字だ

後期の初戦である土曜日の流経大戦
先制点をたたきだしながら
その後3点を取られて逆転負け
もちろんいろんな要因があるけど
負け試合を引き分けに持ち込むだけで
勝点の上積みはできる

「たられば」は嫌いだが
ホームの勝敗が逆であれば
順位は相当上位だろう


リーグはまだ折り返したばかり
残り16ゲームあれば捲くる事は可能
2度の監督交替もあったし
離脱していた洋も戻ってきた
V・ファーレン長崎の戦力は充分
前半戦でJFLの戦い方も解っただろう

次節は笠岡で大勝した三菱水島戦
諫早初勝利と反撃のスタートを期待する
posted by KING at 19:22| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | V・ファーレン長崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

オフィシャルサイトOPEN

ウルトラナガサキのサイトがOPEN
ニュースや告知などで
最新情報をお届け予定です


http://ultra-nagasaki.net/


posted by KING at 21:59| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | V・ファーレン長崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

辞任

6月30日付けで
大久保監督が辞任

短い間だったけど
31歳の若い監督は
Jを目指しながら
前半戦で苦しんで
下位に低迷した
チームを抱え
頑張ったと思う

こっちを向くときは
必ず笑顔だった

これからの指導者人生でも
いい経験したね
大久保一番サッカー
posted by KING at 23:46| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | V・ファーレン長崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。