日本代表ニュース

2009年01月13日

Jリーグまでの道のり

本日、2009年1月13日
V・ファーレン長崎は日本プロサッカーリーグへ
Jリーグ準加盟するためのを申請を行った

今後はJリーグ正会員への入会資格といわれる
法人化・ホームタウン・スタジアム・支援体制
その他諸々の条件を満たしているかを判断し
問題なければ2月17日のJリーグ理事会にて
承認の可否が審議される

もちろんこれ以前の段階
たとえば『法人でない』『スタジアムがない』
こんな状態であれば理事会にもかけられない

今年のV・ファーレン長崎の場合は
上記に加えての経営状態も含めて
近年の準加盟審査が通ったクラブと
比較しても知っている限り大丈夫だろう


つまり最短1年でのJ2入会は可能と思われる


Jリーグ準会員の1年でのJ2入会
2009年のJFLで4位以上の成績を収めれば
理事会の審議にて入会が認められる

では2009年のV・ファーレン長崎は?

ハッキリ言って08年のKyuリーグと同じ
サッカーをしていたらよくて中位
下手したら下位に落ち込むだろう
地域決勝大会でみせた個性を大事にした
シンプルサッカーを基礎にすれば
現メンバープラスアルファの人材で
上位進出は充分に有りうる

しかしJ2入会は成績だけでは無理
しっかりとした経営基盤が必要だ

JFLを戦う今年のV・ファーレン長崎は
年間予算2億を目論んでいる
これが目処がついている金額なのか
不確定要素を含んだ金額なのかは
現段階では明確にされていない

さらにJ2で戦おうとするならば
年間予算は最低でも4億から5億は必要
これも最低ラインと考えなければならない

もちろんJ2ともなれば各種メディアへの
登場はJFLより飛躍的に伸びる
当然ながらJ1とは比較にならないが
県レベルを超えた支援は期待できる

しかしながらこのご時世である
Jリーグ創生期やこれまでのように
支援企業が見つかる保障はない



V・ファーレン長崎がわずか1年後に
J2を戦えるだけの体力をつけられるか
重要な問題はソコであろう
posted by KING at 23:06| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | COLUMN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112571781
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。