日本代表ニュース

2009年07月05日

世界の常識

ホームで勝ってアウェイで分ける
これ世界のサッカーの常識

ホームの慣れた芝と大声援
アウェイでは不慣れな芝とブーイング
これを考えれば自明の理

リーグ戦は半分がホーム戦
ホーム17ゲームで勝点3を取って
アウェイ17ゲームで勝点1を取れば
合計で勝点は68

もちろんどんなリーグでも
ホーム戦全勝は難しいし
アウェイで敗戦も勝利もある
しかしホームで絶対的に強ければ
アウェイで多少負けても
上位には食い込める計算になる


ウチは前期17試合で6勝4分7敗
ホームで2勝2分け4敗
アウェイで4勝2分3敗
実にアウェイ9ゲームで勝点14
これは充分に戦っているとみていい
問題はホーム4敗の勝点8という数字だ

後期の初戦である土曜日の流経大戦
先制点をたたきだしながら
その後3点を取られて逆転負け
もちろんいろんな要因があるけど
負け試合を引き分けに持ち込むだけで
勝点の上積みはできる

「たられば」は嫌いだが
ホームの勝敗が逆であれば
順位は相当上位だろう


リーグはまだ折り返したばかり
残り16ゲームあれば捲くる事は可能
2度の監督交替もあったし
離脱していた洋も戻ってきた
V・ファーレン長崎の戦力は充分
前半戦でJFLの戦い方も解っただろう

次節は笠岡で大勝した三菱水島戦
諫早初勝利と反撃のスタートを期待する
posted by KING at 19:22| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | V・ファーレン長崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。