日本代表ニュース

2009年07月14日

vs三菱水島

長崎は午後から激しい豪雨
何もかも洗い流すような雨は
ナイトマッチで行われる
諫早でのゲームの混乱を予感
しかし17時ごろになると雨は小康状態
開始直前には晴れ間さえ覗きはじめる


18時のキックオフ時には雨は上がったが
ピッチには水が浮いていて
グラウンダーのパスは通らない状態
このピッチ状態に両チーム戸惑いながら
試行錯誤を繰り返していく

IMG_0168.jpg

長崎のツートップは洋と阿部
体調不良のアリに替わって
起用された阿部は初先発となる
最終的にはこの阿部起用が
ジワジワと効果を発揮する


ゲームが動いたのは前半6分
セットプレイから押し込まれて
水島に先制されてしまう

水含みのピッチの場合は
1vs1の足元での勝負より
セットプレイが普段より有効となるが
ファーストチャンスでそれを
うまく使われてしまった

その後、双方攻めるが
得点には結びつかず前半終了


54分に体力に不安のある由紀彦を下げ
大塚を投入するも得意のドリブル突破が
水浸しのピッチでは封印されてしまう
しかし前半から引き続き阿部が
ギリギリのタイミングで突破を図って
DFの焦りと危機感を募らせる
これが66分に水島DFの一発退場を誘う

ここで長崎は飛鳥→山城、阿部→宮尾
フレッシュな攻撃の枚数を増やしていく
そして残り時間も少なくなった82分
セットプレイのチャンスを加藤が決めて同点
さらに4分後には洋が中央からミドルを
たたきこんでついに逆転成功
ロスタイム4分も余裕の展開で経過させて
ホーム諫早での初勝利を飾った


このゲームのキーポイントはFW
阿部の起用と復調なった洋を使い続けたこと
小柄なFWは屈強なCBにとって捕らえにくい
これが洋と宮尾のコンビだったら
似たタイプのツートップとなり
退場者もでなかっただろう

そして逆転弾をたたきこんだ洋
中距離からの決定力の高い洋は
生粋のシューターである
これまでなかなかシュートまで
持ち込めなかった展開でも
シュートで終わらせてくれる
DFを背負ってでもキープでき
威力のある反転してのシュートは
JFLではトップクラス

現時点ではアリと洋がファーストチョイスだが
阿部や宮尾が個性を発揮してくれれば
中盤と守備陣をあわせても
この層の厚さはリーグ随一


このホーム逆転勝利の勢いは
後半戦の快進撃も期待できる

IMG_0242.jpg


posted by KING at 00:09| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | V・ファーレン長崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。