日本代表ニュース

2009年09月08日

SAGAWA戦に思う

最初に書くと結果は2-2のドロー
しかし5,000人を超える観客が
あのゲームを観てくれた
これは今後大きい財産となる

おそらくはJでやってた選手も
久しぶりに“それなり”の観衆に
観られたプレーは気持ちよかったはず

このゲームを観て満足したなら
次は勝ち試合を観に来て欲しい
このゲームがドローで不満だったら
次は勝ち試合を観に来て欲しい



ゲームは前半から主導権の取り合いとなり
ゴール前へと攻めあがっていく両チーム
長崎は中央の武男と右の由紀彦、左の神崎が中心
SBの飛鳥と隅田は攻撃より守備で奮闘し
展開は次第に長崎ペースに
そして21分、セットプレーの流れから
由紀彦が頭で押し込んで先制


その後も攻め込むが追加点は奪えない
抜け出した神崎の突破もギリギリで阻まれ
前半終了間際の由紀彦のピンポイントクロスも
洋の頭を的確に捉えるが狙いすぎてバーを越える
しかしいい流れで前半終了


後半に入ると一転して佐川ペース
佐川は中盤を厚めにしてサイドを高い位置に
全員が対応に追われて前半の流れを取り戻せない
観客席にバタバタした印象を与えた49分
武男のパスをインターセプトされてそのまま失点

長崎は洋→宮尾と交替させ打開策を図るが
直後の62分にエリア内の伝庄の競り合いが
ファウルをとられてPK献上で逆転される
ここで長崎は2人目の交替策
由紀彦→大塚で右をそのままフレッシュに
この交替が大当たり
74分にうまく抜け出した大塚が
キーパーとの1vs1を落ち着いて決めて同点


逆転を狙いさらに武男→山城と交替させ
神崎をボランチに下げ中盤の高い位置から攻撃
山城もスピードとドリブルで相手を翻弄するが
決定打が打てずにそのまま試合終了


勝てるゲームだったが
負けなかったのは評価できる
武男と由紀彦の存在感を再認識し
守護神となってきた近藤に感謝する

IMG_0383.jpg
posted by KING at 22:44| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | V・ファーレン長崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。